DIVE INTO EXAM

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会
Rails技術者認定試験運営委員会
認定の模擬試験を提供します

  • 01

    各種認定試験合格サポートの模擬試験を提供いたします。

    Python、Rails、Ruby認定試験の模擬試験を受験することができます。
    ※模擬試験受験には無料登録 が必要となります。

  • 02

    本番の認定試験と同じ形式で受験することが出来ます。

    DIVE INTO EXAM では本番の認定試験と同じ形式(配点・制限時間・難易度)で受験することが出来ます。本番の試験に向けて最も効率の良い学習をサポートします。

模擬試験一覧

  • Python3エンジニア認定基礎試験 模擬テスト


    一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会認定の模擬テストです。
    認定スクール一覧はこちら

  • Rails4技術者認定ブロンズ試験 模擬テスト


    Rails技術者認定試験運営委員会認定の模擬テストです。
    認定スクール一覧はこちら

  • Ruby2.1技術者認定試験 Silver 模擬テスト


    Rubyベースのシステムを設計、開発、運用するエンジニア、Rubyでシステム提案を行うコンサルタント、Rubyを教える講師及びRubyを学ぶ学生などを対象とした認定試験制度です。認定者は、Ruby技術者としての技術力を公正に評価され、高い水準のRubyによるシステム開発能力を持つことを認定されます。

アドバイザー

  • CEO 野呂 浩良

    ✔Rails3認定ブロンズ技術者

    株式会社DIVE INTO CODE

    MBAエンジニア講師。リクルート、ワークスアプリケーションズ等を経て2014年にグロービス経営大学院大学MBAを取得。「DIVE INTO CODE」を創業。

  • 経営企画 兼 CTO 藤澤勇樹

    ✔Ruby2.1認定シルバー技術者

    株式会社DIVE INTO CODE

    「自動テストを用いた"講師ロボットの開発"で、プログラミング教育の新しいスタンダードを作ること」を目指して経営企画からプログラミングまで幅広く担当。
    インタビュー記事はこちら https://diveintocode.jp/blogs/Interview/FujisawaYuuki

  • デザイナー兼エンジニア 石橋 優希

    ✔Ruby2.1認定ゴールド技術者

    株式会社DIVE INTO CODE

    開発もするデザイナー。 DIVE INTO CODE受講生が学習するオンライン学習アプリケーション「DIVER」のデザイン・開発を行う。 自身も未経験からDIVE INTO CODEで学んだ経験を生かし、学習者の人生に残る学習体験をDIVERを通して実現することを目指す。
    インタビュー記事はこちら https://diveintocode.jp/blogs/Interview/IshibashiYuuki

  • サーバサイドエンジニア 後藤 洋平

    ✔Ruby2.1認定ゴールド技術者

    株式会社DIVE INTO CODE

    Ruby使いのサーバサイドエンジニア。
    インタビュー記事はこちら https://diveintocode.jp/blogs/Interview/GotoYohei

  • 根本 成洋

    ✔Python3エンジニア認定基礎試験合格

    メガバンク、会計系コンサルティング企業を経てエンジニアに転向。将来的にFintech領域での活躍を目指し、日々奮闘中。DIVE INTO CODE卒業生。

FAQ

  • 受験は有料ですか?

    無料です。

  • 何度でも受験することができますか?

    何度でも解き直すことができます。結果も蓄積されます。

  • 推奨ブラウザはありますか?

    当サービスを快適にご利用いただくために、Google Chromeでのご利用を推奨いたします。

DIVE INTO CODEのことをもっと知ってみませんか?